2017年3月20日月曜日

CHOETECH Mate9 超急速充電対応 USB Type-C ケーブル(追記あり)

Twitterでサンプリングユーザーを募集していたので、応募してサンプルをご提供頂きました。

Mate9では独自技術による「超急速充電」機能に対応しているのだけど、今のところこの機能を使うためには本体に付属の充電器とケーブルの組み合わせを使うしかない。

ところが、このケーブルを使うと純正ケーブルの代わりに「超急速充電」が使えます。



残念ながら、ケーブルはこれで代用できますが、充電器の方が今のままでは単ポート最大5A出力のものがほとんどありません。
可能性があるとすれば、単ポート最大8A出力を謳うリーダーメディアテクノ社のKE-AC8Aかと思いますが、まだ入手できていないので手に入り次第ご報告する予定です。
※その前に同じCHOETECH社で出してくれないかと期待。


→上記の「リーダーメディアテクノ社のKE-AC8A」を購入しました。

結果から言うと、純正ケーブルでもCHOETECHのケーブルでも、高速充電/超高速充電のいずれもできませんでした。
通常の充電しかできていません。

Mate9はUSB PD規格のチャージャーを利用することで高速充電が可能という噂がありますので、「UGREEN USB-C 急速充電器 Power Delivery対応」あたりを試してみたいところです。

2017年3月19日日曜日

浮世絵文化プロジェクト「当代声優美人図 上坂すみれ」が予約開始しました

昨年から博報堂、日本橋 榛原、産経新聞社の合同事業に事務局として参加させて頂いていました浮世絵文化プロジェクト「当代声優美人図 上坂すみれ」の限定版予約販売が開始しました。
[公式サイト]

これは、本格的な技術を用いた仕事が減りつつある「浮世絵版画」関係者の技術を失わせないようにという目的で、新作の美人画を作るという企画です。
原画はTVアニメ「マクロスF」キャラクターデザインなどで一躍有名になった江端里沙さんにお願いし、現代の美人として声優の上坂すみれさんにモデルをお願いしています。
彫師はKISSの版画など現代浮世絵でも実力を発揮している関岡扇令さん、摺師は26年度春の瑞光賞受賞も受賞した松崎啓三郎さん。いずれも同職者の多い荒川区で無形文化財となっています。

声優グッズとしては非常に高額ですが、限定版では浮世絵マニアには垂涎物の版木を完成品と共にお渡しします。
これは数を制限して限定品としての価値を上げると共に、文化事業として次々と新しいものを作っていくというプロジェクトの決意表明でもあります。
どれだけ売れても人気が出ても同じ商品を摺り増ししないという安心感を、普段めったに手に入れられることのない版木と共にお渡しするものです。

2017年1月25日水曜日

SonyMusicEntertainment ClariS 4thアルバム「Fairy Castle」完全生産限定「アニメグラフ同梱」版 発売開始!

昨年12月のニコニコ生放送で発表になった「アニメグラフ同梱版」のClariS 4thアルバム「Fairy Castle」完全生産限定版が今日発売になりました。

[公式]

現在AmazonでCD全体で57位とご好評頂いているようで苦労した甲斐があったというものです。

同じく昨年末に発表になった「浮世絵文化プロジェクト」のラフも上がってきたので、間もなく公式にお見せできるようになると思います!
素晴らしいものですので、ぜひお楽しみに!!

コカコーラの新春キャンペーンが当たりました

コカ・コーラ社サイトで募集していた、渋谷のカウントダウン限定ボトル2本セットのプレゼントキャンペーンに当選しました。

 [公式]

普通のコークなんで普通においしいですが、味で言えば先日のジンジャーの方がさっぱりして良かったです。


あっちが普通にならないかな。

2017年1月22日日曜日

ネスレ「モンプチ ドライ」と「クリスピーキッス」を試しました

今回はネスレさんのキャンペーンで『モンプチ 7種のブレンド(かつお節・まぐろ・かつお・鯛・かに・えび・サーモン味)』と『クリスピーキッス 秋冬限定 香る北海道産サーモンパウダー入り』を頂いたので試してみました。

■モンプチ

普段食べさせているのは『キ***ト』や『ア**ス』など。
比較的添加物が少なく、特に保存料などが少ないものを選んでいます。

モンプチは添加物のうち着色料の種類を多く使ってる印象で今まで買ったことがありませんでした。
ネットでネスレのサイトを見ても成分の詳細が載っていないのもマイナスな印象です。

現物を見ると保存料は添加されてなく、小分けされているのもポイント高いです。
やはり「食品」ですので大袋ではカビなども気になりますし、一食分ごとに小分けされていると安心感は高まります。

このときはキャネットをもう一ヶ月弱くらいあげていたところなので飽きが来ていたのもありますが、匂いが良いのか一心不乱に食べてます。あっという間に完食でした。

比較的大粒なので、かじり割って食べるので、あちこちに欠片が飛び散らかっていたのが気になりました。


■クリスピーキッス

オヤツは普段ウチで作っている無添加ジャーキーを上げているので、このタイプのものは初めてのはずですが、美味しそうに食べてます。

こちらも一回分にちょうどいい小分けパックで、袋も開けやすかったのでちょっとあげるには良いですね。
粒はこちらの方が大きかったですが、硬さがこちらの方が柔らかいのか、モンプチのように欠片を食べ散らかしたりとかはなかったです。

ネコは犬と違って外であげることはほとんどないのですが、袋が開けやすいのは高ポイントでした。



せっかく「健康に良いもの」を作っているので、保存料がないのはもちろんとして、できれば着色料もなくしてほしいと思いました。
人が食べるものではないので、そこまで色は必要じゃないと思います。

ウチの「ユズ」はまだ1歳未満なので硬さは問題ないですが、「ソフト」と「ハード」があると高齢のネコにもあげやすいと思いました。




ネスレ日本のキャンペーンに参加中[PR]

2016年9月25日日曜日

こち亀展行ってきた

ジャンプでこち亀展のペアチケットが当たったので、次男と嫁と3人で行って来ました。
中学生以下無料なんだって…優しい。

日本橋は別件の仕事の関係でちょっと行かなきゃいけないかと思っていたのでちょうどいい感じだったんですが、何より百貨店が苦手なので辛い。

こち亀展入り口すぐ。
撮影可能なのはここと、途中の企画展示部分のみ。


こういうのよりも、いっそ派出所そのものを作ってくれてたら良かったのになあ。

会場は翌日月曜が最終日の最後の日曜ということもあって、午前中に入りましたが非常に混んでました。
基本的には生原稿の展示がメインで、今回のイベントに合わせた描き下ろし1話の展示も出口前にありました。

他にも9月3日に神田明神400年を記念して奉納された絵巻物の現物の展示もあり、見どころは多かったです。

何しろ最終回が掲載されてまだ1週間ほどなので、コミックで揃えたくなっちゃうのを抑えるのが大変でした。

2016年9月23日金曜日

試写会「高慢と偏見とゾンビ」見てきた

懸賞で試写会が当たったので行って来ました。
原作はジェーン・オースティンの「高慢と偏見」。

ヒーロー、ヒロインとも「今どきの美男美女」というより
ちょっとイモっぽい感じで、かえって時代感にあっていて
好感が持てた。

それにゾンビを絡めたことで、序盤は笑いが、中盤以降はゴシックホラー+ゾンビの雰囲気がたっぷりの娯楽映画に仕上がっている。

中世イギリスの雰囲気たっぷりで、ゴシック系ホラー好き、あるいは同時代のイギリスものが好きな人には結構いいんじゃないだろうか。

ゾンビをプラスしたことについては、原作のファンには腹立たしいところだろうが、割と関係なく楽しめる。ゾンビ自体の造形も良く、アップになると十分怖い。

ただ、いかんせん質の高いゾンビホラーに慣れてしまうと、集団で走る終盤のシーンなどは申し訳ないが声を出して笑うのをこらえるだけでも精いっぱいだった。

最近面白いホラーがないなあという人に、ぜひおすすめしたい一本。