「One Mix 2s」と「GPD Pocket 2」スペック比較

今回比較した「One Mix 2s」と「GDP Pocket2」のスペックです。


One Mix 2sGDP Pocket2
CPUIntel Core m3-8100YIntel Core m3-8100Y
MEMORYDDR3 8GBLowPowerDDR3 8GB
GPUIntel UHD 615Intel UHD 615
ストレージSSD 256GB
(PCIe接続)
eMMC 128GB
(SATA接続)
重量
(公式表記)
541g
(512g)
512g
(465g)
ディスプレイ7inch
マルチタッチ対応
7inch
マルチタッチ対応
解像度1900×1200pix
324ppi
1900×1200pix
324ppi
サイズW182×D110×H17mmW181×D113×14mm
OSWindows10 Home
64bit
Windows10 Home
64bit
バッテリー容量6500mAh6800mAh
端子microSD(256GB対応)
USB3.0×1
microHDMI
Type-C(PD兼用)
イヤホンジャック
microSD(256GB対応)
USB3.0×2
Type-C(PD兼用)
イヤホンジャック
通信Wi-Fi 2.4GHz/5GHz
Bluetooth4.1
Wi-Fi 2.4GHz/5GHz
Bluetooth4.1

まあ、既にもっと有名なサイトで記載されていることがほとんどかと思いますが、不運にもこのサイトにたどり着いてしまった人向けです。

個人的にモバイルPCでやりたいこと(使いたいアプリ)としては、
 ・Office365 Online版
 ・Google(マップ、Docs、Gmail)
 ・Irfanview(画像閲覧ソフト)
 ・Mangameeya(雑誌の自炊閲覧用)
 ・Photoshop CC(A3カンプ350dpi程度)
 ・PhotoZoom Pro(画像解像度変更ソフト)
 ・DMM GAME PLAYER(デスティニーチャイルド用)
あとは、放置してたAlicesoftとかのゲームが消化できたらいいな、という感じ。

持ち歩きを最重点に考えているので、グラフィックが統合チップなのは仕方がないとはいえ、メモリがある程度ないとPSDファイルが開けません。
最悪ディスクキャッシュを使う場合には、HDDではなく、SSDがほしいところ。

モニターサイズを除けば、スペック的には13インチ程度の中位スペックのノートPCに負けていないので、想定する使い方ができないことはないはずです。

ストレージはmicroSDで拡張・補完をするとして、256GBはまだ効果なので、128GBを買うことを考え、結果的に拡張できない部分でのスペックが高い方である「One Mix 2s」を購入することにしました。

購入先に関しては、【次回に続く】

0 件のコメント :

コメントを投稿