2014年12月22日月曜日

12月22日(F-02G 一か月の感想)

今回で感想も最終回。
今までのまとめです。

○ホームUIを変更した
 docomoUIは本当にダメだと思う。気のせいじゃないと思って昔使ってたGalaxy Noteにも読み込ませてみたけど、やっぱり使い勝手が悪い。
 必要最小限の機能を提示するという意味では、お年寄り向けの端末にはいいんじゃないだろうか。
 特に高解像度機種に乗せる必然は感じなかった。
 現在は「Go Launcher」を使っている。

○充電ケーブルを早く出して
 防水用にmicroUSB端子にカバーがついていて、起動時には蓋をちゃんと閉めるように注意が出るくらいなんだから、マグネット充電端子用の専用ケーブルは早く販売すべきだと思う。

○思ったよりアンテナが弱い?
 もしかすると、接続する無線規格によるのかもしれないが、我が家の環境ではこの機種が一番繋がらない。特に同じ階の居間にアンテナがあるのに、風呂場で繋がらなくなるのは壊滅的に困る。
 繋がればブーストはちゃんと効いているので、もしかしたらブーストのせいかと思って切ってみたけど、特に繋がりやすくなる感じではなかった。
 ちなみにケースはTPUなんで、 ケースで繋ぎにくくなってるとは考えにくい。

○液晶周りのバッテリー消費が激しい
 待機電力消費や、バッテリー容量は安心感があるのだが、液晶を表示させっぱなしにするゲームのような用途では他機種よりもバッテリー消費は激しいと感じた。
 急速充電には対応しているのだが、どんな方法でも充電中のゲームプレイでバッテリー残量が増えることはなかった。

○液晶&イヤホン再生はかなり良い
 解像度的にも、例えば一眼レフカメラで撮ったような画像を表示すると解像感が高い。カメラ用のサンプルモニターとしても十分使えるので、キヤノンさんは「Canon CameraWindow」のUSB対応&EOS 7D対応化を早くしてください。「Helicon Remote」はいける模様。
 同様に、音声をイヤホンで優先再生したときの音質もかなり良いと感じた。LINE-OUTでアンプに繋いでも十分な解像感がある。USB-DACがなくても、ヘッドフォンで聞くくらいなら十分。

○ケースの選択肢が少ない
 同じデザインのケースでプリントだけが違うのはいっぱいあるんだけど…。

○テレビのアンテナ感度は高い
 無線LANはイマイチなのにな…部屋のかなり真ん中に近いところでもフルセグが見られるのは驚きです。まぁ、カーテン閉めた後の夜は全然だけど。

○ATOK Ultiasがイマイチだった
 QWERTYキーボードで使う場合、カタカナやひらがなの変換候補が後ろの方だったり、文節自動変換→単漢字候補への切り替えがちょっと面倒くさい印象。
 使い方の違い方かもしれないし、慣れれば違うのかもしれないけど、個人的には製品版のATOK for Androidの方が使いやすいと感じた。

○初めてのオサイフケータイは結構使い勝手が良い
 モバイルSuicaくらいしか使ってないけど。

○指紋認証はソコソコ
 認証率は、完全な慣れだと思う。ボクの場合は50%くらい。
 これを使ってブラウザのスクロールとかできたらすごく良かったのに。

○「ハングアウト」や「SMARTalk」などのSIPソフトでの通話も、この機種と前機種のXperia Z Ultraを比べると圧倒的にこちらの方が音も反応も上。

ざっくりと今までの感想まとめ+αを書くと、こんな感じ。
もしかしたら後でまた思い出して足すかもしれない。

全体としては使いやすい端末だと感じた。
ただ、ボクの用途だと持ちやすいけどあと少しだけ液晶が大きかったら…と感じるシーンが結構あった。5.6インチくらいだと良かったかもしれない。


【富士通ARROWS】のモニターに参加中