「HUAWEI BAND 3 PRO」を購入しました

9月の8年ぶりに受けた健康診断で「重度の糖尿病」の診断が出てしまいまして、心筋梗塞とか嫌な単語を避けるために運動と睡眠と心拍数の管理のために、最近はやりの「スマートウォッチ」の購入を検討してました。

ガジェット好きとしては色々多機能な奴も欲しくて、例えばSONYのWENA WRISTなんかも検討していたのですが、ある程度の価格だと気軽に買い替えできないため、デジタルガジェットの陳腐化という一番避けたい事態が起こることが容易に想像できます。

一方でAmazonで取り扱っているような2000円台くらいからある中国製の安いスマートウォッチは、各種センサーの精度が低いのか製品の完成度が低いのか、割とクリティカルなエラーに関するレビューが多く、二の足を踏んでいました。

そこへちょうど販売が開始されたのが、今使ってるスマホと同じHUAWEIのHUAWEI BAND 3 PROです。

値段はひと世代前のBAND 2の約1万円から変わらずに、液晶がAMOLEDの有機ELになり、日中に見やすくなったことも高印象でした。
また、バンドも一般的な腕時計に近い尾錠式になり、外れにくくなりました。

HUAWEIのスマートウォッチは、
 ・HUAWEI BAND
 ・HUAWEI FIT
 ・HUAWEI WATCH
の3シリーズに分かれています。

WATCHはいわゆる多機能なスマートウォッチで、BANDは拡張性が少ないスポーツトラッカー(運動履歴を補足する機器)、FITはその間という感じです。

今回は「歩数計」「睡眠計」がほしい機能で、かつ「できるだけ充電せずにつけっぱなしにできる」ことが条件でしたので、BANDを選ぶことにしました。
何より1万円くらいであれば、2~3年くらいで買い替えてもそれほど財布に痛くはありません。

3年前といえば、HUAWEIは前年に出した「TALKBAND B1」を大幅にリファインした「B2」を発売した頃です。通話機能を売りにしていましたが、結局腕時計を口に当ててしゃべるというスタイルは定着しませんでした。

スマホの進化は徐々にスペックアップやデザインのリファインに限られて来ましたが、スマートウォッチ界隈はまだまだ日進月歩です。
できるだけ買い替えを考慮しておく方が賢明といえるでしょう。

というわけで、実際に使用した感想は次回に続きます。