2015年3月19日木曜日

MVNO(格安SIM)を使って電話代を浮かそう! MNVOって何?

…って書くとキャッチーですかね?

昨年末くらいから、これまでデータ通信専用しか提供してこなかったMVNO各社が、新規参入も含め通話プランの提供を開始しました。
これにより、月々1500円前後くらいで通話のできる070~090の電話番号と、データ通信ができるようになりました。
現状確認程度ですが、ざっくりまとめてみます。

ドコモ、au、ソフトバンク、ヤフーモバイルの既存4キャリアの人たちが一番興味があるのが金額の問題だと思いますが、基本的に「データ通信はほとんどしないが、通話はよくする」人たちには、MVNO利用のメリットは全くないといっていいでしょう。
むしろ、その逆の「通話はほとんどせず、たまに電話がかかってくる程度。普段は家や職場にWi-fi環境があり、外出先でメールやブラウジング、ゲームができればいい。動画は家でみる」人が一番恩恵があるといえます。
特に通話に関しては050番号が割り振られるIP電話サービスも普及してきましたが、まだまだ通常の電話に置き換わるほどの使い勝手はないのが現状ですので、通話は一日に1度するかどうかというのがまずは基準になるかと思います。

条件にあえば、最低の音声プランで月額1500円~という感じなので、確実に現状より安くなる可能性が高いです。

電話番号の移行、つまりMNPについては、ほとんどのMVNO会社が対応しています。
ただ気を付けなければいけないのが、ほとんどのMVNO会社では窓口がなくネットや電話経由での申し込みとなるため、既存4キャリア間でのMNPより時間がかかることは考慮しておかなければなりません。
ちなみに、ボクがOCNでドコモからMNP手続きをした際は、同日申し込み確認がされて手続き完了まで5日かかりました。会社によって前後があるようですが、最低でも平日3日はかかると思った方が良いと思います。

次は、各社の料金プランの概要と特徴を紹介していきます。