2014年12月7日日曜日

12月05日

先月25日の日記の続きで、今回は通信周りの検証がテーマだそうです。
 …で、締切日まで放っておいたのは、仕事が忙しかったせいもあるんですが、家のwi-fiの アクセスポイントの調子が悪かったせいでした。

とりあえず、高速無線LANルーターを追加。
機種は、BuffaloのWHR-300HP2

F-02Gは高速ダウンロード機能があるというので、まずはこちらのテスト。

家のNASにある自炊の雑誌データのダウンロードでテストしてみた結果。
データは1つあたり約200MBです。

高速ダウンロードON=約6分
高速ダウンロードOFF=約23分

家庭用無線LANアンテナなので、接続端末数によって速度が3倍くらい変わる状況ですが、かなり早いんじゃないでしょうか。

これまではスマホ&PCで共有できるUSBメモリ「Silicon Power X20」を使ってたんですが、1、2個落とすくらいだったら寝る前にDLしてちょっと見たりできそう。

まぁ、とは言え他の家族のためにUSBメモリにDLしておくのは継続するので、何だかんだいってその用途で恩恵を受けることはなさそう。
というか、そもそもそれ以外で高速にデータを受信することがあまり考えられないので、もしかしたら個人的にはムダ機能かも。


そんなことより、本当に外に持ち出しての充電環境に困ってます。
早くマグネットケーブルを出してくれないと、USB端子のフタがなくなりそうです。

こういうときに、国内限定機種&発売台数があまり多くないところの影響を実感します。


【富士通ARROWS】のモニターに参加中